Pinterestの写真をGoogle+/Picasaアルバムに自動保存する方法。ifttt

Pinterestの写真をGoogle+/Picasaアルバムに自動保存する方法。ifttt



[ad#ad-1]

DropBoxAutomaterのアップデートによりGoogle+/Picasaとも連動したとのことで「DropBox Automaterを使って自動でPinterestの写真をGoogle+/Picasaに写真を保存。ifttt」を書きました。
結論としては自動投稿は出来ずにGoogle+/Picasaのアルバムに保存されるだけというものでした。
それでも、アルバムからホイホイGoogle+に投稿はしやすくなったのでけっこう重宝しておりました。

DropBox Automterの不満点

が、これを使い続けるには致命的な欠陥と事が2点ありました。
・DropBoxの容量圧迫
・ローカルディスクの容量圧迫

DropBoxの容量に関しては説明するまでも無いでしょう。5.5GBまで増えているとは言え、Google+ にも預けていて、Evernoteにも預けていて,
さらにDropBoxにまで預けておくほど大切なモノか?と
AutomaterでGoogle+/Picasaへファイル渡したら自動で削除するような機能があるのかもしれませんが、もう一点の不満点があったのでそこまで調べようとは思えませんでした。

DropBoxを使われている方の大半がローカルでも同期をさせているんじゃないかと思います。
保存容量に関しては先ほどと同じですが、ローカルで同期する回数が増えるとバッテリーの消費も激しくなります。
最近MacBookAirのバッテリーが全く持たなくなっているところに追い打ちをかけるように、DropBoxの同期が入るともうね…
また、今後通信料の制限などが始まるかと思いますので、その事も考えるとわざわざ使い続けるほどのものでないなと結論づけていました。

Dropbox Automaterなんか使わなくてよかった。

iftttの出番です。
よく考えたら、いちいちDropboxなんか通さなくても簡単にGoogle+/Picasaへ写真を自動で保存することが可能でした。
今回はPinterestですが、もちろん他の方法にも応用できます。
TumblrなんかもGoogle+/Picasaへ自動保存させています。

やりかたは至って簡単です。
Picasa宛にメール投稿すればよかっただけです。

ifttt

thisにPinterestのRSS

thatにGmail

宛先にPicasaのメールアドレス

AttachmentにImageURL

といった設定です。
後はPinterestでPinしたものはどんどんGoogle+/Picasaのアルバムに保存されていきますので、投稿したいなと思ったものを共有していくだけです。
写真投稿がそうとうカンタンになるのではないかと思います。
ただ、気になるのはGoogle+の写真容量が無制限になる用件にあてはまらないかもしれません。
詳しくわかったらまた書きます。

Picasaメールアドレスの調べ方

Picasaへのダイレクトのアドレスがわからないので…
Googleダッシュボードからアクセスします。
その中でPicasaの「プライバシー設定と管理」を選択してください。

そこからすぐに投稿用のメールアドレスを確認することができます。

Picasaのメールアップロードの設定をされていない方はこちらをご参照ください。
2009年の情報なので古いですが…
私自身もいつ設定したか全く記憶にございません。

iftttの設定


iftttでthisにまずRSSを選びます。
PinterestのRSSを知るにはこちらをご参照ください。

thatにGmailを選びます。
設定は以下のような感じです。
大切なのは一番上と一番下です。
一番上は先程調べたPicasaのメールアドレス。

一番下に「EntryImageURL」とします。
手で入力する必要はなく、入力したいところをクリックすると選択できるようになります。

真ん中の2つはけっこう適当で問題ないと思います。著作者を明確にしておくために参照元のURLは入れておくべきですね。

手順は以上です。

欠点としては、Pinterestからの投稿はFacebookに投稿しても同じなのですが、アルバム内で小さくなってしまいまいます。
比較すると一目瞭然です。
上がTumblrから下がPinterestからです。共にiftttを使用したメール投稿です。

自分で撮影して綺麗に加工したものをアップしているわけではなく、いかに効率よくそれぞれのSNSを使いまわすか(使える必要もありませんが)を考えているのでどうしても画象投稿で一番ラクなPinterestを選んではしてしまっています。

Google+では全くといっていいほど反応がないので、もう少し厳選して写真を選ぶことのほうが大切ですが…

[ad#ad-2]

Facebookページではブログに紹介しきれないような細かい情報も発信しています。

Google+カテゴリの最新記事